2016Jan26
【千葉】安産祈願がかなう有名安産スポット!安産祈願にマタニティフォトも!

安産祈願/千葉の安産神社

このページは千葉で安産祈願がかなう有名安産スポットをご紹介しています。
それと同時に千葉県の結婚・出産に関するデータと千葉県の特性やお国自慢などを解説。
日本は狭い国と言われていますが北から南までの47都道府県ごとの特徴があるのに驚きです! ところかわれば子育てのしやすさや、進学率の高さ、赤ちゃんの名前などにも特徴がありイロイロ見えてくる! 県民性の違いを読みながらクスっと笑って新しい家族の参考にしてもらえるとうれしいです。そしてもうひとつの安産祈願、マタニティフォトに挑戦して生まれてくる赤ちゃんにエールを送るのもステキなことですね。

 

千葉県の安産祈願が有名な神社

 

千葉県の結婚・出産データ

男子 全国平均
初婚年齢 31.3才(3位) 30.9才
出産年齢(1人目) 32.9才(4位) 32.5才
未婚割合(50才の時点) 20.6%(10位) 20.14%
女子 全国平均
初婚年齢 29.4才(4位) 29.3才
出産年齢(1人目) 30.8才(4位) 30.4才
未婚割合(50才の時点) 9.71%(19位) 10.61%

未婚割合(50才の時点)→50歳の時点で一度も結婚経験がない人の割合のことです。

出典:2013年厚生労働省、厚生省統計局およびその関係機関より

 

千葉県 全国平均
出生数 48,343 人(6位)  21.910人

出典:2014年厚生労働省、厚生省統計局およびその関係機関より

 

初婚年齢や出産年齢はともに全国平均より高く、いわゆる晩婚化が進んでいるようです。千葉県では働く時間の長さも関係してか、家庭を持つことよりも仕事を優先させている人が多いのでしょうか。反対に50才以上の未婚割合は全国平均より低く、30代から40代にかけて少し落ちついた時期に家庭をもって行く流れになっていそうです。出生数では、全国平均の倍以上となり、県としての人口が多いことが大きな要因になりそうです。

千葉県の成人式が東京ディズニーランドで行われるのは有名ですよね。2016年に行われた成人式では浦安市の市長が「日本産科婦人科学会のデータ」だとして「出産適齢期は18歳から26歳を指すそうだ」と発言、「人口減少のままで今の日本の社会、地域社会は成り立たない。若い皆さん方に大いに期待したい」と述べたようです。出産年齢は全国平均より高くなっている千葉県、数年後にはこの平均年齢が大きく変わっているかも?!

千葉県,安産祈願,マタニティフォト,ディズニ

千葉県では子育て支援として協賛事業者と自治体が連携したサービス店での子育て世帯の利用を優待するカードの発行もあり、積極的な取り組みをしているようですね。

 

さぁーめでたくご懐妊したら安産神社・お寺にいってあなたとお腹の子のために安産祈願をしてくださいね!

関連記事はこちら → 安産祈願のおまじない、ベリーペイントにトライ

 

千葉県の安産祈願におすすめな寺社

■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■

 

本光寺

神社の紹介を多くしましたが今回はお寺の紹介です。本光寺は日蓮聖人の教えに基づく法華経を広げるべく今から650年前に、日胤聖人が同じ市川市内にある日蓮宗中山法華経寺から許可を得て創立しました。愛染明王を祭っており、愛欲を向上心に変える功徳をもち、子授けや縁結びなどのご利益を預かることができます。本光寺では国や自治体と協力した授乳スペースの提供を始めとした親子向けの取り組みや最近話題の寺社コン、さらには寺で映画上映をする寺シネマといった従来の常識にはなかったことを積極的に行っています。子育てや安産を祈る「うま(馬)くいく」馬の絵馬や、子安のお守りにはチーバくんをモチーフにしたものも授与しています。

千葉,本光寺,安産祈願,マタニティフォト02

現在では親子向けにお寺を身近に感じてほしいという想いをもった現住職が「木魚のぽっくん」というキャラクターを制作し、絵本にして千葉県内や市川市内に向けて寄贈しています。その他SNSも使ってTwitterやFacebookも頻繁な更新をしているので、覗いてみてください。さらに、固定概念を壊したいとい想いから白装束に代わった呪文をデザインにしたT-shirts作成や、寺務所授与所では電子マネーの導入、来日外国人向けに英語サイトもやっています。交通手段は電車を利用して、武蔵野線市川大野駅から徒歩3分ほどで行けるので便利です。

千葉県,安産守護子安鬼子母大善神,本光寺,安産祈願,マタニティフォト
■住所: 〒272-0805 千葉県市川市大野町3-1695-1
■電話番号: 047-337-8324
■サイト: http://www.honkouji.com/houmu/kigan/anzan/index
■初穂料または祈祷料の金額: ①個別:20,000円、②合同:10,000円
■おさめかた: のし袋でも現金でもOK。
■祈祷に家族も同席できる?: ①②とも○
■祈祷の予約有無: ①②とも要
■祈願時間は決まっている: ①10:00~16:00 ②土日、戌の日のみ15:00~
■ご祈祷時に腹帯を持ち込んでもよい?: 別に購入した腹帯持参した場合は「きりび」(清めのために打ちかける火)をします。
別に購入した腹帯着用した場合は「祈祷」します。
■神社での帯の販売はしている?: ○97センチさらしタイプがあります。

 

【参考にする際の注意】
全国の安産神社・お寺についての情報を掲載する目的であって神社やお寺の優劣をつけるものではございません。
なお、神社・お寺の情報は変更になっている事もありますので、お出かけされる際は神社やお寺にお問い合わせしてください。

■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■

 

千葉の特徴はコレ!

・海外旅行者数3位・労働時間1位・通勤通学時間2位・睡眠時間44位・自動車保有台数41位
・落花生生産量1位・焼酎生産量1位

 

働き者が多い千葉県

東京都と隣接した千葉県は同様に埼玉県と比較されることが多い県です。最近はゆるキャラのふなっしーが有名になりましたが、東京ディズニーランドをはじめとした観光施設や成田空港もあることから、外国人旅行者数も多く訪れます。しかし、いざ千葉県で働いている人たちにスポットライトを当ててみると、労働時間が日本一になります。

働き者が多い千葉県

公共交通機関が発達しているために自動車保有台数は少なく、実家から東京都など県外の学校や働きに出る人が多いからなのか通勤通学時間が2位となっています。さらに追い打ちをかけるように睡眠時間が短く、都心などのビル群の中で残業している姿が想像できてしまいます。千葉県民のみなさんは、しっかり休む時間も大切にしてほしいですね。子どもの時間を多くとりたいなら、赤ちゃんが生まれる前からワークバランスを考えておいた方がいいかも知れませんね。

 

妊婦さんに嬉しい栄養素!落花生には葉酸がたっぷり!

いわゆる近郊農業が主流で、あらゆる作物が県内で作られて全国へ輸出されて農業生産額も高いです。意外と知られていな農作物もあり、千葉といえば落花生で日本一の生産量を誇ります。落花生には葉酸が多く含まれているので妊娠さんは積極的に食べてみてはいかがですか。ただカロリーが高いので適量で抑えてくださいね。貧血に効果がある食物繊維も豊富で、便秘にも良い食品です。また、枝豆同様アルコールを分解し2日酔いも防いでくれるので無事出産が終わった後は落花生をおつまみにしても旦那さんと飲むのも良いかもしれません。
さて、話題に出たお酒ですが、千葉県は焼酎生産量が1位になっています。かの有名な宝酒造の松戸工場があるためで。一般的に焼酎というと飲む酒をイメージしますが、料理酒やみりんなども生産している酒造場になっているので料理酒などを買う際は生産地を見るのも楽しんでみて下さい。

妊婦さんに嬉しい栄養素

出典:ランキングデータは新建新聞社「都道府県ランキング」を参考

 

マタニティフォトを撮ってもうひとつの安産祈願を…

お腹がハッキリと出てくる妊娠8ヶ月~9ヶ月ぐらいにマタニティフォトを撮ってまだ見ぬ赤ちゃんに『無事に生まれてきてほしい』という母の思いをカタチにしてみませんか。
マタニティって人生で最高に幸せな時期なのです !赤ちゃんを生んだ時も幸せ絶頂だけれど、それとはまた別の幸せな感覚・・・お腹がどんどん大きくなってきて、胎動も感じ、母になる満ち足りな幸福感とでもいいましょうか。そんなオーラ全開の姿をあなたと赤ちゃんのためにも残しておけるなんてステキなことですよね。
関連記事はこちら妊娠中の一番幸せな姿をマタニティフォトで残そう

関連記事はこちらマタニティフォトの衣装の選び方!おすすめ衣装大公開!

関連記事はこちら【マタニティサッシュベルト】マタニティフォトをさらに美しく!

千葉県の妊婦さんはマタニティフォト

 

全国にマタニティフォトをパーフェクトに撮ってくれるスタジオがたくさんあります。人気のマタニティスタジオには全国各地から妊婦がおしよせてくるとか。ぜひあなたにぴったりなスタジオを探してみて!

千葉県のマタニティフォトスタジオはここから

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
■関連記事■

キラキラ光るボディジュエリーで【マタニティフォト】がさらに輝く!!
安く、長く、賢く!失敗しない【マタニティパジャマ】の選び方、何着必要?授乳口は?
【マタニティフォト衣装】レンタル派?購入派?あなたならどうする?
【マタニティフォト】を素敵に演出!おしゃれな小物全部

 

関連記事

ページ上部へ戻る