2016May21
感動が深まる!幸せを実感!マタニティフォトのおすすめ演出テク

家族で感動を共有したり、自分はなんて幸せなんだろ~と感じたり…、マタニティフォトには欠かせない演出。 ファーストバイトやブーケトス、ゴンドラで登場(←古い)みたいなウェディングほどの圧倒的な演出はないけど、ささやかな演出でほっこりするマタニティフォトを完成させましょう。では、実際の演出テクをお届けします。
マタニティフォト演出

おすすめの演出はコレ

8つの演出を「華やか」「感動」で分けてみました!

★華やか★マタニティサッシュベルト

ふくらんだおなかにおしゃれなサッシュベルトを巻き付けていると、より一層はなやかなマタフォトになります。スタジオでレンタルするのもよし、手元に残したいならプロのフラワーデザイナーさんに頼むのもよし、自分で手作りするのもよし。マタニティフォトが終わったらニューボーンフォトで使って、そのままお部屋に飾れるメリットもあります。マタフォト盛り上げ演出の代表格!

★華やか★フェザーシャワー

最近じわじわと人気がでてきている『フェザーシャワー』。フェザーシャワーをしたマタニティフォトの撮影に立ち上がったのですが、羽根が舞った瞬間にスタジオ内で悲鳴がでるほど大盛り上がりでした。ひらひらと舞う羽根に幸せ気分も最高潮で見ごたえのあるマタニティフォトに仕上がること間違いナシです。スタジオで用意がなければ、自分で持ち込んでやってもいいくらい(笑)。それくらいおすすめしちゃいます。色のついた花びらをミックスすればさらに華やかになるはず。羽根は通販で購入できるし、イケアでも手に入るとのこと。

★華やか★素敵な衣裳を着る

マタフォトを撮る時に気になるのは、やっぱり衣装のこと。最近のマタニティフォト衣装はおしゃれで素敵な衣裳がたくさんあるんですよ。ウェディングドレスは何件も探して、何回も試着したのだからマタニティフォトもそれくらいの気合で衣裳を選んでは? 自分好みの衣裳を着て気分を上げてパーフェクトなマタニティフォトを撮影してほしい!

★華やか★マタニティベリーペイント

元気な赤ちゃんが生まれてくるようにと『安産祈願のおまじない』の意味が込められています。思い出の場所のイラストや妊娠週数を描いてもらうのが人気。赤ちゃん想いが写真と共に残せるうえにマタニティフォトが華やかになって、まさにいいとこどり。アーティストさんによってイラストのテイストがかわってくるので色々みておくといいかも。

マタニティフォト・幸せのおまじないベリーペイント_47

★華やか★マタニティボディジュエリー

キラキラ系が好きなママには、おなかにダイアモンドパウダーをちりばめるマタニティボディジュエリーがおすすめ。おなか以外にも手のコウや二の腕に描いてもらうことが可能です。最近は妊婦さんの体調を考えて施術時間を短くためにあらかじめボディジュエリーをシールにしてもらうこともできます。さらにマタニティフォトで使った後にフォトフレームに思い出のボディジュエリーを貼ることもできますよ~。

マタニティフォトの演出ボディジュエリー

★華やか★メヘンディアート

最近では欧米などでファッションのひとつとして取り入れられているメヘンディ・アート。インドでは結婚式やお祭り事が行われる時に描かれていることが多く、「家族の幸せ」や「災難から身を守る」などのお守りや祈りの意味合いがあります。ここまでくるとお腹にアートされている方が全体に統一感がでていると思いませんか。不思議ですねーー。

メヘンディ・アート

©ガレイ・ラガーナ

★感動★家族みんなで撮影

大好きな家族と一緒にマタニティフォトを撮影する幸せ。言葉には表せないですね。上の子にママのおなかをさわってもらうのも兄弟、姉妹となる絆を感じる感動の時間です。パパはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんも撮影にきてくれるなら、みんなで新しい家族が増える幸せな姿を写真に残すのももステキだと思いませんか。もちろん一生の宝物です~。

★感動★エコー写真、名前をブロックと撮影

赤ちゃんの名前をブロックで表したり、エコー写真と一緒に写真におさまったりすると、赤ちゃんの誕生を待ち望んでいる想いがひしひしと伝わってくる演出が完成。もちろん子どもが成長した時にこの写真をみれば「自分が生まれるのをこんなに楽しみにしてくれたんだ! と、素直に喜んでくれるはず。エコー写真だけの撮影だと色合い的に少々地味になるので、カラードレスやサッシュベルトをプラスして楽しい雰囲気に盛り上げてみて。

ひとこと

ちょっとのアイデアで何十倍も素敵なマタニティフォトを撮影することができるのがわかりましたね。
自分での持ち込み演出ならスタジオさんと相談して、やりたい演出を伝えておいてくださいね。

マタニティフォトでエコー写真を持って撮影

関連記事

ページ上部へ戻る