2016Jun21
インドの安産祈願!エキゾチックなマタニティメヘンディが美しい

妊婦のみなさん、メヘンディアートって知っていますか。日本ではインスタントタトゥとして浸透していますが、インドや中近東で昔から伝わる伝統文化なのですよ。このメヘンディアートとってもおしゃれでエキゾチック! しかも体にやさしいヘナを使っているので妊婦さんのお腹に描いても大丈夫! ぜひぜひマタニティフォトの思い出にメヘンディアートにトライしてみて! 今回はメヘンディアートを自宅サロンで開いているGalay Lagaana(ガレイラガーナ)に密着してきました。
フレームを持ってメヘンディアート

◆お話を伺ったサロン◆

Galay Lagaana(ガレイラガーナ)
サロン名はヒンディー語で「ぎゅゅぅうっと抱きしめる」という意味。この言葉のようにお客様が癒しの時間を過ごしていただけると嬉しいです。
【場所】東京都江戸川区。JR総武線新小岩駅、都営新宿線船堀駅利用
【時間】平日:午前10時から午後1時まで、日曜日:お休み、土曜日:応相談

メヘンディアーティスト

やさしいオーラを放つ「るみちさん」。国際結婚をしている2児(10歳&5歳)のママさんです。インド映画大好き。子どもの手がかからなくなったら、またインドに行って映画を観たいと計画しています。

メヘンディアーティスト

心地よいお時間をお過ごしください

るみちさんがメヘンディアートを始めたきっかけは?

「メヘンディ」を初めて体験したのは、20代の頃南インドに旅行した時でした。ヘナが肌にのった瞬間、ひんやりとした感触とその芳しい香りにノックアウトされました。またメヘンディが進むにつれて段々と眠気が襲い、なんともいえない心地良さを感じました。出来上がったデザインに感動したのは言うまでもありません。その後結婚・出産を経て、何気ないきっかけからメヘンディを始めることになり、独学で習得。2009年6月に自宅でサロンをオープンし、現在に至ります。

マタニティママや赤ちゃんを守ってくれるメヘンディ

メヘンディアートとは?

「メヘンディ(ヘナタトゥー・ヘナアート)」とはヘナ(指甲花)という低木の葉を乾燥させて粉末状にしたものを水やオイルなどでペースト状にし、コーンと呼ばれる絞り袋に入れて体に模様を描いていくボディアートのこと。その発祥は古く、インドを中心にイスラム圏やアフリカなどでも親しまれています。
ヘナ(指甲花)
例えばインドでは結婚式やお祭り事が行われる時に描かれていることが多く、「家族の幸せ」や「災難から身を守る」などのお守りや祈りの意味合いがあります。
最近では欧米などでファッションのひとつとして取り入れられています。

メヘンディアート

ヘナペーストを使ってひとひとつ丁寧に描いていきます。

メヘンディアートを施術開始

ソフォに座りながらゆったりとした時間が流れます。

メヘンディアートはどのくらいもつの?

メヘンディは、時間を置けば置くほどハッキリときれいな紋様が肌に染まっていきます。ペーストをはがした直後はオレンジ色ですが、1~2日かけて次第に濃い茶色に変わっていき、だいたい1~2週間ほどで自然に消えていきます。色の濃さや消えていく期間は、個人差や描く部位によって違ってきます。

マタニティフォトでメヘンディアートを描く場合、人気デザインやおすすめはありますか?

おへそを中心に曼荼羅模様のように広がっていくデザインや、お花や蝶をちりばめた流れるようなデザインが人気です。またママとパパのイニシャルや二人の思い出のものをデザインに取り入れたりするのもおすすめです。

ここでGalay Lagaanaのマタニティメヘンディアートのベスト3を発表しましょう!

<人気ランキング>

1位 アラビックデザイン

メヘンディアート作品1位 アラビックデザイン

アラブ圏で良く描かれている、お花やペイズリー、蝶などをちりばめた流れるようなデザインが特徴。お腹にアートを描くのに抵抗される方も比較的受け入れやすいデザインです。

2位 曼荼羅風デザイン

メヘンディアート作品2位 曼荼羅風デザイン

花びらを曼荼羅模様に見立てたデザイン。おへそを中心にお花が広がっていく様子が、とても印象的。これなら妊娠線も隠れます。

3位 アクセサリー風デザイン

メヘンディアート作品3位 アクセサリー風デザイン

人気の曼荼羅風デザインにアクセサリーパーツを取り入れた可愛らしいデザイン!

インドの民族衣装を着てマタニティフォトを撮影

Galay Lagaanaではマタニティメヘンディの撮影プランがあります。インドを訪れるたびに、るみちさんが買い付けてきた色鮮やかな民族衣装を着た姿を女性カメラマンが撮影してくれます! エキゾチックな衣装とお腹にはメヘンディアート。一味違うマタニティフォトの完成です。

メヘンディアートサリー衣装ピンク

伝統的な民族衣装にゴージャスさとエキゾチックさを感じます。非日常的な気分になれそう。

メヘンディアートサリー衣装ブルー

ハイセンスでモダンな印象のサリー。水色の色味が抑え目なので、上品さがあります。すてき!

メヘンディアートサリー衣装濃いピンク

どんな色の衣装ともマッチするメヘンディアート。

メヘンディアートと通常のマタニティフォト衣装

こちらは民族衣装ではなく白レースのセパレートなマタニティドレス。メヘンディアートと相性バッチリ!

※本記事は一部アーティスト自身のホームページ及びブログより引用しております。

そして、るみちさんにメヘンディアートへの想いをおききしました…

大好きなインドに関係したメヘンディのお仕事ができてとても満足しています。また私が描くマタニティメヘンディで妊婦さんが幸せな気分になってくれるのがうれしいです。

これからはもっとデザインの幅を広げていって頭の中に抱えているデザインの引き出しをさらに増やしていきたいと思っています。日々の気分によって細かい緻密なデザインにむらがでないよう技術を突き詰めて、お客様に美しいデザインを提供していけるよう頑張りたいと思います。


施描の流れの流れを簡単にご案内

サロンご到着から、お帰りまでに約2時間前後の予定です。
【1】打ち合わせ 10分~20分ほど
タンポポ茶を飲みながらメヘンディアートのデザインについてヒアリングします。

mehndi_14

Galay Lagaanaの今までのデザインを参考に

【2】メヘンディアートスタート 60分ほど

ヘナペースト

先端からヘナペーストがでてきます。

るみちさんと楽しいお話しをしながら癒しの時間を過ごしてください。
【3】ヘナペーストを乾かします 30分ほど
ヘナペーストを充分に乾かさないと持ちが悪くなってしまいます。
【4】テーピング
ヘナが落ちないようにテーピングでガードします。
【5】終了
お疲れ様でした。サロンでの施描はここで終了となります。
【6】テーピングをはがします
6~8時間ほど置いてからテーピングをはがすと、メヘンディアートが肌にしっかりと描かれています。


(ひとこと)

メヘンディアート、いかがでしたか。とても神秘的でエキゾチックな美しさにうっとりしてしまいました。

ヘナ自体の歴史は長く、世界三大美女のエジプトのあのクレオパトラが髪や爪を染めるために使っていたとも言われているそうです。

色もデザインも落ち着いているのでオトナママにはおススメです。さらに魔除けの意味もあるのでマタニティママも安産祈願として是非是非トライしてみてください。もちろん民族衣装を着てほしい!
取材の終盤にるみちさんが「ぜひメヘンディアートを体験してください」と嬉しいお言葉。メヘンディアートに興味アリアリだった私は遠慮もせず即OK(笑)。さまざまなデザインから派手でもなく地味でもない、蓮のデザインをチョイス。るみちさんとするほんわかしたおしゃべりをしながらメヘンディアートを肌に描いてもらうと、あら不思議とっても心地良い、まさに癒しの時間♥。

週末に何人かの友人と会ったのですが、誰もが「かわいい!」と言ってくれました。メヘンディアート、女性の心をわしづかみです。

メヘンディアートの1週間

(右上)テーピングをはがした直後のメヘンディアート、(左下)1週間後たっても意外に落ちていません。持ちがいいのにびっくり(右下)はがしたテーピングにデザインが写り出ています。

関連記事

ページ上部へ戻る