2015Jul4
ママになったら読みたいママ雑誌9誌

ママたちをターゲットにした雑誌が数多く書店に並んでいる今日この頃。ママになったらどの雑誌を買っていいか悩んでしまいますね。これからは育児や家事などで多忙になるのでファッションや育児情報の両方が楽しめるママ雑誌を選びたいです。そんなあなたにおススメのママ雑誌をまとめてみましたので参考にしてください!
 

※2015年7月現在
※価格は税込み

 

b589b06304090bedf2fa7b3273ea0df1_s

 

 

ママ雑誌のキャッチや価格、付録も色々。人気ママタレントは東原亜希さん、小倉優子さん、豊田エリーさん、藤本美貴さん!

 

■nina’s ニナーズ 祥伝社 620円
キャッチ:「私らしく、親子ライフ」
連載タレント:木下優樹菜、豊田エリー、千秋、ほか
ママと子どもの着回しフォトが多く、ママ友との付き合い方などを掲載。全体的にママのファッションはカジュアルでナチュラル。「Zipper」などを読んでいたストリート系ママには、Zipperの姉妹誌でもある「nina’s」が読みやすいかも。

http://www.ninas-web.jp/

 



 

■SAKURA サクラ 小学館 680円
キャッチ:自分らしく、ママを楽しむ。好感度カジュアルファッション誌
連載タレント:中林美和、鈴木サチ、東原亜希、ほか
「AneCan」、「Oggi」系のコンサバキレイ目ファッションが中心。おしゃれなおでかけSHOPやインテリア情報もあります。

http://sakuramama.jp/

 



 

 

■HugMug ハグマグ. ハースト婦人画報社  600円
キャッチ:”ママ&子”でもっと可愛いスタイル
連載タレント:豊田エリー、渡辺満里奈、ほか
おしゃれでカジュアルなファッションが中心!全国の親子ファッションのスナップが多く参考になるはず。渡辺満里奈さんが絵本を紹介したり、親子で色々なことを体験する特集もあったりします。

http://www.hugmug.jp/

 



 

 

■mamagirl ママガール M-ON!Entertainment  620円
キャッチ:ママだけどガールだもん♪おしゃれも子育ても楽しんでいこうよ
連載タレント:田丸麻紀、小倉優子、ほか
ファストファッションの着回し術や流行の着こなし方法などガーリーファッションメイン。キャッチが示すようにママになってもラブリー系を目指すならこの雑誌がぴったりですよ。夏号の表紙はハワイ在住の「Mie」さんです!

http://www.mama-girl.jp/

 



 

 

■mama sweet ママスウィート 宝島社
キャッチ:ママだって一生“女のコ”宣言!
連載タレント:吉川ひなの、東原亜希、木下優樹菜、藤本美貴、ほか
「sweet」のママ雑誌なので目次にもやたらとスウィートの文字が目立ちます!忙しいママのスキンケア&時短メイクなどなど、オシャレママ必見です!

http://tkj.jp/book/?cd=12842901

 



 

 

■saita   セブン&アイ出版  600円
キャッチ:おしゃれも生活も妥協しない、アクティブな女性の毎日を応援します!!
連載タレント:東原亜希、小倉優子、安田美沙子、三船美佳、ほか

イトーヨーカ堂グループの出版社からでているので、生活情報がたくさんのっていると思いきや美容系やファッションも充実しています。あとはママタレントさんの連載コラムが目白押し!600円の値段で毎回「特別付録」がついているのには驚きっです。しかも保冷バッグ、万能トレーなどの使える付録でうれしい。

http://saita.net/

 



 

 

■Mart  マート 光文社  640円
キャッチ:もっと生活遊んじゃおう!
とにかく1冊に詰め込まれている情報量がはんぱない。よくここまで様々な情報を集めているなーと感心しちゃいます。雑貨、インテリア、おしゃれなど毎月の特集も色々で楽しい!

http://mart-magazine.com/contents/index.shtml

 



 

 

 

■Como 主婦の友社 680円
キャッチ:ママって楽しい 家族の暮らし HAPPYマガジン
連載タレント:藤本美貴、ほか
ファッション、美容、しつけ、ママ友づきあいなどバランスのとれた内容。タレントさんがモデルをしているのではなくコモの専属モデル(コモモデル)がモデルをしているのが親近感UP!「Como」も毎回豪華な付録がついているのがお得感あり。なんと最新号は「フレッシュネスバーガー200円オフクーポン」ですって。企画勝ち!

http://mama.shufunotomo.co.jp/como/

 



 

 

 

■kodomoe  コドモエ 白泉社 690円
キャッチ:「親子時間」を楽しむ子育て情報誌
連載タレント:豊田エリー、ほか
親子で楽しむお部屋づくりなどキャッチ通りに親子で楽しみハッピー情報が満載。イラストをたくさん使っているのでほのぼのとした雰囲気が伝わってきます。こちらも毎号付録がついているけどなんと多い月には3点も付録があるんです(感涙)。さらに付録に絵本が含まれているのもママには嬉しいですね。付録だけでも買う価値あるかも?

http://www.kodomoe.net/

 



関連記事

ページ上部へ戻る