2015Jul16
夏本番!子どもを熱中症から守る方法

今年も暑い夏がやってきました!そこで気を付けたいのは「熱中症」です。ベビーカーに乗ってる赤ちゃんや外遊びをしている子どもは熱中症に要注意!時には命にもかかわってくる恐ろしい熱中症。今回は赤ちゃんや子どもを熱中症から守る熱中症対策をご紹介します!

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_m

 

■そもそも熱中症って?

「熱中症」とは暑い環境で起こる健康障害の総称。熱射病、日射病は重症の熱中症のことです。
健康障害は以下に分類されています。

(1)熱失神 → めまい、一時的な失神、顔面蒼白
(2)熱けいれん → 筋肉痛、手足がつる、筋肉がけいれんする
(3)熱疲労 → 全身倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下
(4)熱射病 → 体温が高い、意識障害、呼びかけや刺激への反応がにぶい、言動が不自然、ふらつく

■対応策は?

こまめな水分補給。のどが乾く前に飲ませる!ように心掛けしましょう。
適度に日陰や涼しい場所で休憩してください。
あとは、熱中症対策グッズとして
・通気性のよい帽子

・冷却グッズ(冷えピタ、冷却スプレー、ネッククールマフラーなど)を使って熱中症にならないように注意してあげてください。

■熱中症になってしまったら

・水分補給をとり涼しい場所で休憩をしてください。
・洋服をゆるめて楽な姿勢で横に寝かせてください。
・冷えピタや濡れタオル、氷などで首裏、わきの下、太ももの付け根を冷却しましょう。

よくならない場合はすぐに医療機関に連れて行ってください!

■熱中症対策に効果的な飲み物・食べ物は?

・スポーツドリンク

ナトリウム濃度が高い方が熱中症に効果があります。
ポカリスエット(大塚製薬)は他のスポドリより濃度が高く熱中症対策にはよいといわれています!
子どもの水筒の中身は「スポーツドリンク」が熱中症予防には適していると思います。

●大塚製薬サイト

・ミネラル麦茶

汗をかくとミネラルが不足して体の調整機能がうまくできなくなりますが
発汗により失われるミネラルもしっかりと補充してくれるのです。
子どもの水筒はスポーツドリンク同様「ミネラル入り麦茶」もおすすめですよ!

ミネラル麦茶 サイト

・梅干し

梅干しは食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムを全部含んでいます。
あの酸っぱさが熱中症に効いているのですね。

・熱中症タブレット

数年前から店頭に並び始めた「熱中症タブレット」。
飴感覚で食べられるので子どもも抵抗なく水分や塩分を補給できます。

【ちょっぴりひとこと】
毎日こんなに暑いと熱中症になる危険は高くなるので大人が子どもの様子をみながら熱中症にかからないようにするしかありませんね。赤ちゃんや子どもはとにかく汗をかくのでうるさいと思われるくらいに水分補給を心がけてください。そして短い夏を元気に過ごしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る