2016Mar9
【三重】安産祈願がかなう有名安産スポット!安産祈願にマタニティフォトも!

安産祈願/三重県の安産神社

このページは三重で安産祈願がかなう有名安産スポットをご紹介しています。

それと同時に三重県の結婚・出産に関するデータと三重県の特性やお国自慢などを解説。日本は狭い国と言われていますが北から南までの47都道府県ごとの特徴があるのに驚きです! ところかわれば子育てのしやすさや、進学率の高さ、赤ちゃんの名前などにも特徴がありイロイロ見えてくる! 県民性の違いを読みながらクスっと笑って新しい家族の参考にしてもらえるとうれしいです。そしてもうひとつの安産祈願、マタニティフォトに挑戦して生まれてくる赤ちゃんにエールを送るのもステキなことですね。
三重県の安産の夫婦岩

 

三重県の結婚・出産データ

 

男子 全国平均
初婚年齢 30.5才(22位) 30.9才
出産年齢(1人目) 32.0才(18位) 32.5才
未婚割合(50才の時点) 16.29%(43位) 20.14%

 

女子 全国平均
初婚年齢 28.7才(38位) 29.3才
出産年齢(1人目) 29.9才(22位) 30.4才
未婚割合(50才の時点) 7.09%(42位) 10.61%

※未婚割合(50才の時点)→50歳の時点で一度も結婚経験がない人の割合のことです。
出典:2013年厚生労働省、厚生省統計局およびその関係機関より

 

三重県 全国平均
出生数 14,514人(25位) 21,910人

出典:2014年厚生労働省、厚生省統計局およびその関係機関より

 

すべての項目で、全国平均よりも低くなっています。初婚年齢では女子が全国より0.6才若く、積極的に動いているか、自然なご縁が多いのでしょうか。また、未婚割合では男女ともに全国より3%以上低く、初婚年齢の低さと比例しているように考えられます。
初婚年齢、出産年齢に比べると未婚割合が男女ともに低いのがわかります。三重では30歳過ぎると独身男女とのガクッと少なくなってしまうようですので、はやめはやめの婚活を心掛けましょう。

 

さあーめでたくご懐妊したら安産神社にいって、あなたとお腹の子のために安産祈願にいってみよう!

・関連記事はこちら→・知っておこう!「安産祈願」と「戌の日」の基礎知識
・関連記事はこちら→・安産祈願のおまじない、ベリーペイントにトライ
・関連記事はこちら→・続・安産祈願に東京の水天宮に行ってみた!戌の日の水天宮は大混雑?!
・関連記事はこちら→・安産祈願に東京の水天宮に行ってみた!戌の日の水天宮は大混雑
・関連記事はこちら→・知っておこう!「安産祈願」と「戌の日」の基礎知識

 

三重県の安産神社

■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■

 

●多度大社

社のある多度山は、農耕では雨乞いをし、出生には安産を祈ったなど昔から信仰される霊山です。1500年前から白馬が棲むという伝説が信じられており、人々の願いを神に届ける使者としての役割も果たし、馬の行動を神意の現れとすることから毎年の豊作・凶作を占う「上げ馬神事」が行われています。ご祭神は本宮では天候を司るとされる天津彦根命と、別宮ではその子神である天目一箇神(あめのまひとつのみこと)が祭られ、伊勢湾の漁師は昔から海難防止を祈ってきたといいます。

 

最寄の多度駅からは徒歩25分ほどと少し遠くなりますが、多度川に沿って散歩も兼ねて歩くのも気持ちいいかもしれません。白馬伝説と関連して、秋には小笠原流の流鏑馬(やぶさめ)が昔から行われ、多くの参拝者が目当てに集まる行事となっています。また、多度峡と呼ばれる渓谷が社から歩いていける場所にあり、自然に癒されるスポットなので、お出かけの際は是非立ち寄ってみてください。遠方で安産祈願に行きたくてもできない方のために境内で御祈祷した後、御札や御守りを送付できるようにHPで申し込みを受け付けているのでご利用ください。

 

■住所: 桑名市多度町多度1681
■電話番号:0594-48-2037
■サイト:http://www.tadotaisya.or.jp/
■初穂料または祈祷料の金額:5,000円
■おさめかた:現金でOK
■祈祷に家族も同席できる?:
■祈祷の予約有無:不要
■祈願時間は決まっている?:9:00~16:30
■ご祈祷時に腹帯を持ち込んでもよい?:持参
■神社での帯の頒布(販売)はしている?:×(初穂料に腹帯含む)
———–

【参考にする際の注意】
全国の安産神社・お寺についての情報を掲載する目的であって神社やお寺の優劣をつけるものではございません。
なお、神社・お寺の情報は変更になっている事もありますので、お出かけされる際は神社やお寺にお問い合わせしてください。

■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■

 

三重県の特徴はコレ!

・在日ブラジル人2位・工業生産額1位・イオン店舗数1位・ゴミのリサイクル率1位
・タコ漁獲量12位

 

工業と観光が結びつく一大工業地三重県

三重県は際立って特産品があるというわけではありませんが、全国に工業製品を供給する一大工業地帯です。この製造業の発展には多くのブラジル人が従業員として働いていることも貢献していて、最近では四日市コンビナートの夜景を見に行くツアーがあるほどです。このように熊野古道や伊勢神宮をはじめとした観光名所の1つになりました。さらに、ジャスコ創業の地としてジャスコの店舗数とイオン店舗数が際立って高いことも特徴です。また「ごみゼロ社会」の実現に取り組んでいる三重県が堂々リサイクル率1位となっています!

三重県のコンビナートの工業地帯

 

海山の幸と魅力的なスポット

伊勢海老、鮑、牡蠣、ふぐなど魚介類の宝庫としても知られ、「御食つ国」(みけつくに)と呼ばれてきました。他にも泣く子も黙る、高級霜降り和牛で有名な松阪牛の産地で有名ですね。伊勢神宮や、世界遺産の熊野古道などの歴史文化と豊かな自然、贅沢な食に恵まれていることから、「美し国」(うましくに)と言われています。
三重県の熊野神社

 

お産後もタコを食べて若々しく!

漁獲量こそ北海道に比べては比になりませんが、三重県ではご当地名物として”タコめし”が知られ、1年中タコ漁が行われています。タコには抗酸化作用があるビタミンEが多く、肌成分のタンパク質の合成を助ける働きをし、脂質や糖質の代謝を促すビタミンB2もあります。食べ方も普段は刺身の付け合せに何気なく付いているわさびに含まれるシニグリンがビタミンB2の働きを助けるのでぜひ一緒に摂りましょう。その他、亜鉛や鉄分、血液循環を改善できるナイアシンなど摂取できるので、お産前後も積極的に摂っていきたいですね。
三重県妊婦に人気のたこめし
出典:ランキングデータは新建新聞社「都道府県ランキング」を参考

 

マタニティフォトを撮ってもうひとつの安産祈願を…

お腹がハッキリと出てくる妊娠8ヶ月~9ヶ月ぐらいにマタニティフォトを撮ってまだ見ぬ赤ちゃんに『無事に生まれてきてほしい』という母の思いをカタチにしてみませんか。

マタニティって人生で最高に幸せな時期なのです !赤ちゃんを生んだ時も幸せ絶頂だけれど、それとはまた別の幸せな感覚・・・お腹がどんどん大きくなってきて、胎動も感じ、母になる満ち足りた幸福感とでもいいましょうか。そんなオーラ全開の姿をあなたと赤ちゃんのためにも残しておけるなんてステキなことですよね。

関連記事はこちら → 妊娠中の一番幸せな姿をマタニティフォトで残そう

関連記事はこちら → マタニティフォトの衣装の選び方!おすすめ衣装大公開!

関連記事はこちら → 【マタニティサッシュベルト】マタニティフォトをさらに美しく!手作りも伝授

三重県の安産祈願とマタニティフォト

全国にマタニティフォトをパーフェクトに撮ってくれるスタジオがたくさんあります。人気のマタニティスタジオには全国各地から妊婦がおしよせてくるとか。ぜひあなたにぴったりなスタジオを探してみて!

三重県のマタニティフォトスタジオはここから

 

 

■■関連記事■■

戌の日カレンダー2015年・2016年・2017年
安産祈願のおまじない、ベリーペイントにトライ
生まれたてのしわしわ赤ちゃんが神秘的!ニューボーンフォト
こんな美しい【マタニティフォト衣装】を着てみたい!全部オーダーのカラードレス
キラキラ光るボディジュエリーで【マタニティフォト】がさらに輝く!!
安く、長く、賢く!失敗しない【マタニティパジャマ】の選び方、何着必要?授乳口は?

 

関連記事

ページ上部へ戻る